auの接続料金が値下げされてもっと選択肢が増える?

docomoと比べて接続料金が高く、参入しているMVNO業者も2社のみなのがau系格安SIMサービスの現状です。

ユーザーの利用料金とキャリアに支払う接続料金との差額がMVNO業者の利益になるので、今回のauの値下げニュースによって新たに参入を検討する業者も出てくるはずです。

docomoは数十社を超えるサービスがありますが、auはまだUQモバイルとmineoのみです。これでは業者間の競争も起きづらいですし、docomoにはあってauには無いサービスだらけになってしまいます。

具体的にはdocomo系格安SIMでは無料Wi-Fiスポットや最新Wi-Fiルーターとセット無制限に使えるサービスがありますが、au系格安SIMには残念ながら存在しません。サービスの拡充が望まれます。

ただ、今使っている携帯電話をそのまま利用しようと思った場合、使っている電話がauではdocomoのSIMを挿しても動作しません。これは通信規格が異なるためで、どうしようもありません。新たにdocomo対応のSIMフリー機を購入するかau系格安SIMを選ぶしかありません。

UQモバイルとmineoですが、両社とも料金設定はほぼ同じです。UQモバイルは唯一通信速度は遅くなりますが、無制限で使えるプランがあります。ただ、動画を止まることなく再生できる速度ではないので、要注意です。テキストサイトメインなら問題ありません。

mineoは契約期間のさだめが最近無くなったので、ユーザーの心理的ハードルは下がって、手が出しやすくなりました。お試しで使ってみるのもアリだと思います。

もっと詳しくauの格安SIM事情について知りたい人はUQモバイルmineo比較をくまなくチェックしてください。きっと納得した答えが見つかると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です